メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「351 リセッター」検索結果。

351 リセッターの商品検索結果全5件中1~5件目

キヤノン350/351純正インクカートリッジ6色CISS(インク連続供給装置)

ink77

12,800

キヤノン350/351純正インクカートリッジ6色CISS(インク連続供給装置)

10年間CISS(インク連続供給装置)を研究し、作成販売してきましたが、この2-3年はメーカーの防御策が厳しく、しかも純正インクを使用しないと修理は有償、また修理は受付ないと、キヤノンの350/351の防御体制は素晴らしくチュブを入れる隙間もなく、少しでも動くエラーでかなりの熟練者でも使いこなず、苦労致しました、またエプソンのIC70はすぐ廃インク一杯でまさに不良商品、ブラザーが一番丈夫で長持ちしてよい商品でしたがこれもチップをつけてしまいリセッターがなければ使用できません。 プリンターを売るのでなくて純正カートリッジを売る商売になった感じですが、ここに最後の商品がの残って居たとは気が付きませんでした。 ついに完成3年がかりで350/351インクカートリッジCISS(インク連続供給装置)こんな簡単なことに3年かかったとは情けない話ですが、このCISS(インク連続供給装置)なら多少経験のある方ならだれでもお使いになれると思います。 またこの研究のおかげでいろいろのことを勉強しました、 ともかく純正のカートリッジは1個1300円 1set 7千円もするインクなどとても使用できません。ほぼ同じ値段でその10倍は使用できるしまたインクさえ入れれば何回でも使用できます。詰替えインクの値段は10ccは5円です。 使用してみてください写真印刷すべて変わりません、インクはどうして作るか分析したらわかります。互換カートリッジも大して変わりません。キャノンがものすごい防御策をこれで解決できた満足で一杯です。以上が当社の値段ですがあまりインクを使用しない人、沢山使用する人、写真を専門にやる人によりどれを使用するかまちまちですが、ここに今年初めて純正リサイクルインクによるCISS(インク連続供給装置)を作成しましたのでご紹介いたします。 ...

キヤノン350/351インクカートリッジ5色CISS(インク連続供給装置)

ink77

8,980

キヤノン350/351インクカートリッジ5色CISS(インク連続供給装置)

10年間CISS(インク連続供給装置)を研究し、作成販売してきましたが、この2-3年はメーカーの防御策が厳しく、しかも純正インクを使用しないと修理は有償、また修理は受付ないと、キヤノンの350/351の防御体制は素晴らしくチュブを入れる隙間もなく、少しでも動くエラーでかなりの熟練者でも使いこなず、苦労致しました、またエプソンのIC70はすぐ廃インク一杯でまさに不良商品、ブラザーが一番丈夫で長持ちしてよい商品でしたがこれもチップをつけてしまいリセッターがなければ使用できません。 プリンターを売るのでなくて純正カートリッジを売る商売になった感じですが、ここに最後の商品がの残って居たとは気が付きませんでした。 ついに完成3年がかりで350/351インクカートリッジCISS(インク連続供給装置)こんな簡単なことに3年かかったとは情けない話ですが、このCISS(インク連続供給装置)なら多少経験のある方ならだれでもお使いになれると思います。 またこの研究のおかげでいろいろのことを勉強しました、 ともかく純正のカートリッジは1個1300円 1set 7千円もするインクなどとても使用できません。ほぼ同じ値段でその10倍は使用できるしまたインクさえ入れれば何回でも使用できます。詰替えインクの値段は10ccは5円です。 使用してみてください写真印刷すべて変わりません、インクはどうして作るか分析したらわかります。互換カートリッジも大して変わりません。キャノンがものすごい防御策をこれで解決できた満足で一杯です。最後のCISS(インク連続供給装置)

キヤノン350/351インクカートリッジ6色CISS(インク連続供給装置)

ink77

9,980

キヤノン350/351インクカートリッジ6色CISS(インク連続供給装置)

10年間CISS(インク連続供給装置)を研究し、作成販売してきましたが、この2-3年はメーカーの防御策が厳しく、しかも純正インクを使用しないと修理は有償、また修理は受付ないと、キヤノンの350/351の防御体制は素晴らしくチュブを入れる隙間もなく、少しでも動くエラーでかなりの熟練者でも使いこなず、苦労致しました、またエプソンのIC70はすぐ廃インク一杯でまさに不良商品、ブラザーが一番丈夫で長持ちしてよい商品でしたがこれもチップをつけてしまいリセッターがなければ使用できません。 プリンターを売るのでなくて純正カートリッジを売る商売になった感じですが、ここに最後の商品がの残って居たとは気が付きませんでした。 ついに完成3年がかりで350/351インクカートリッジCISS(インク連続供給装置)こんな簡単なことに3年かかったとは情けない話ですが、このCISS(インク連続供給装置)なら多少経験のある方ならだれでもお使いになれると思います。 またこの研究のおかげでいろいろのことを勉強しました、 ともかく純正のカートリッジは1個1300円 1set 7千円もするインクなどとても使用できません。ほぼ同じ値段でその10倍は使用できるしまたインクさえ入れれば何回でも使用できます。詰替えインクの値段は10ccは5円です。 使用してみてください写真印刷すべて変わりません、インクはどうして作るか分析したらわかります。互換カートリッジも大して変わりません。キャノンがものすごい防御策をこれで解決できた満足で一杯です。最後のCISS(インク連続供給装置)

キヤノンMG7530新品プリンター詰替えカートリッジ特製6色set+各色100cc インク付

ink77

32,800

キヤノンMG7530新品プリンター詰替えカートリッジ特製6色set+各色100cc インク付

10年間CISS(インク連続供給装置)を研究し、作成販売してきましたが、この2-3年はメーカーの防御策が厳しく、しかも純正インクを使用しないと修理は有償、また修理は受付ないと、キヤノンの350/351の防御体制は素晴らしくチュブを入れる隙間もなく、少しでも動くエラーでかなりの熟練者でも使いこなず、苦労致しました、またエプソンのIC70はすぐ廃インク一杯でまさに不良商品、ブラザーが一番丈夫で長持ちしてよい商品でしたがこれもチップをつけてしまいリセッターがなければ使用できません。 プリンターを売るのでなくて純正カートリッジを売る商売になった感じですが、ここに最後の商品がの残って居たとは気が付きませんでした。 ついに完成3年がかりで350/351インクカートリッジCISS(インク連続供給装置)こんな簡単なことに3年かかったとは情けない話ですが、このCISS(インク連続供給装置)なら多少経験のある方ならだれでもお使いになれると思います。 またこの研究のおかげでいろいろのことを勉強しました、 ともかく純正のカートリッジは1個1300円 1set 7千円もするインクなどとても使用できません。ほぼ同じ値段でその10倍は使用できるしまたインクさえ入れれば何回でも使用できます。詰替えインクの値段は10ccは5円です。 使用してみてください写真印刷すべて変わりません、インクはどうして作るか分析したらわかります。互換カートリッジも大して変わりません。キャノンがものすごい防御策をこれで解決できた満足で一杯です。 これは全く新し発想より開発したCISS(インク連続供給装置)です 今までは5mmの間隔も許さんほど厳しく固定したのに今度はものすごく滑りやすい3mmの特殊チューブでビニールチューブをスパイラルチュブで巻きつけて左右...

ユニバーサルインクキヤノン

ink77

3,980

ユニバーサルインクキヤノン

キヤノンPIXUS MG3530 340/341専用インク 10年間CISS(インク連続供給装置)を研究し、作成販売してきましたが、この2-3年はメーカーの防御策が厳しく、しかも純正インクを使用しないと修理は有償、また修理は受付ないと、キヤノンの350/351の防御体制は素晴らしくチュブを入れる隙間もなく、少しでも動くエラーでかなりの熟練者でも使いこなず、苦労致しました、またエプソンのIC70はすぐ廃インク一杯でまさに不良商品、ブラザーが一番丈夫で長持ちしてよい商品でしたがこれもチップをつけてしまいリセッターがなければ使用できません。 プリンターを売るのでなくて純正カートリッジを売る商売になった感じですが、ここに最後の商品がの残っていたとは気が付きませんでした。 まず素晴らしい商品です。 カートリッジが無限に使用できるということです。 再生カートリッジも販売されていますが、自分でも簡単に再生ができるということです。 写真をご覧下さい。 これがカートリッジです。カートリッジとヘッドがついているようなもので、洗浄液に一晩つければインクの詰りは解決されます。 詰替えでご使用になる場合は。カラーの場合は上が赤、右下が 黄色、左下が青で1回に3ccくらいしか入りませんので詰替え は面倒ですので CISS(インク連続供給装置)が便利です。 黒はたくさん入りますので詰替えで利用なされてもよいと思います。素晴らしいカートリッジです。 インクは売られていると思いますが、当社は洗浄液をつけ、針付注射器をつけて、さらに千枚通しまでつけて100ccの黒は顔料インク染料インクも同じく100ccつけて特別奉仕価額¥3,980で販売いたします。 これはもちろんキヤノンのip2700のプリンターの310/311にも兼用できますのでこのインクだけあれば今まで2...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
CISSインク連続供給システム搭載プリンターECOINK WHITE model[エコインク/ECOINK]CISS取付済みスターターパック インクサーバー5色+廃インク処理ボトル内蔵【...

エコインク

51,840

CISSインク連続供給システム搭載プリンターECOINK WHITE model[エコインク/ECOINK]CISS取付済みスターターパック インクサーバー5色+廃インク処理ボトル内蔵【...

純正品カートリッジ等を使用した印刷の場合、インク残量が無くなったときに一度印刷を中断してカートリッジを交換する必要があります。また、印刷途中のデータがあった場合、インク切れ直前から印刷を再開できず、半分だけ印刷されたような状態になり印刷用紙を無駄にしてしまう可能性があります。 エコインクのCISSインク連続供給システムは大容量インクサーバーを搭載している為、インク切れの心配がありません。プリンターがインク切れと判断しても簡単な操作で印刷をすぐに再開することができます。 インク切れエラーが表示された場合は以下の手順をお試しください。 (1) インク切れエラーが表示されたら下記画像赤枠の対処方法ボタンをクリック (2) 下記画像赤枠の次へボタンをクリック (3) 下記画像赤枠のOKボタンをクリック) (4) 下記画像赤枠のOKボタンをクリック (5) CISSインクサーバーからインク供給が始まります。下記画像赤枠のバー表示がMAXになるまで待ちます。 (6) 下記画像赤枠の終了ボタンをクリック 以上の手順でプリンターカバーを開けたり、インクカートリッジを交換することなく連続して印刷が可能です。

【キヤノン】350/351小型インクカートリッジ特製6色set新製品【詰替え可能】

ink77

5,480

【キヤノン】350/351小型インクカートリッジ特製6色set新製品【詰替え可能】

一般的にインクは注入口2にゴム栓などで開口してありますが、まずインクは俗にいうスポンジのほうから入れます。 3年間何度も研究室で記載しましたがキヤノンの詰替えはスポンジから垂れ流すのがよいとしましたが、反対に上に穴 をあけて其処を注入口1とすればしかもそこは空気の入るところで何時も穴が開いていますので取り出して注射器で 入れさえすればそれですべてokです。 ゴム栓をとつて入れて、また入れなをすのも大変な仕事ですが、注入口2はゴム栓の代わりにプラスチックの蓋をつけて ビニルテ-プでカバーをしましたので、ビニールテ-プをはがしてその穴から注入すれば簡単に処理できます。 また当社特製のカートリッジはすべて透明ですのでご使用になればお分かりかと思いますが、ほとんど減ってないので頻繁に インクを入れれば2~3回に一度でインクは入れる必要はないと思います。 これは前項のCISS(インク連続供給装置)でさんざん苦労したので、またインク注入口1は5mmまたは4mmのシリコン チューブですのでそこに挿入すれば簡単にCISS(インク連続供給装置)用のインクカートリッジにも使用できますのできわめて重宝です。まず徳用詰替えカートリッジ特製 2wayインクカートリッジ 詰替えカートリッジ CISS(インク連続供給装置) どちらもOKです。新開発 新発売 説明は8図参照してください。 インクの注入口はスポンジ側についてます。注入口はシリコンゴムで、そこにチューブを差し込めばCISS(インク連続供給装置)になりますし、外せば空気穴になりますのでそのまま詰替えインクができます。いつも解放してますので便利なインクの注入口になります。

キヤノン350+351純正インクカートリッジ6色リサイクル詰替用特製+詰替えインク20-25ml6色+針付き注射器6本新開発中央注入口

ink77

3,980

キヤノン350+351純正インクカートリッジ6色リサイクル詰替用特製+詰替えインク20-25ml6色+針付き注射器6本新開発中央注入口

注入口を中央に付けました。今まで後部に付けましたが、新製品は今までの注入口ですとカバーが邪魔してゴム栓ですとどうしても故障の原因になりますので、インクの注入口をスポンジ側から、インクが注入できるように穴をあけて、粘着テープで塞ぎその上から針付きの注射器を後ろに差し込み一杯インクを入れ、その上にビニールテープで塞ぎ、あとはスポンジのインクの出口からインクを垂らし込めば、10mlは間違いなく注入できます。インクタンクの重量は25gになればOKです。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

【キヤノン】350/351徳用インクカートリッジ特製5色set新製品【詰替え可能】

ink77

3,580

【キヤノン】350/351徳用インクカートリッジ特製5色set新製品【詰替え可能】

一般的にインクは注入口2にゴム栓などで開口してありますが、まずインクは俗にいうスポンジのほうから入れます。 3年間何度も研究室で記載しましたがキヤノンの詰替えはスポンジから垂れ流すのがよいとしましたが、反対に上に穴 をあけて其処を注入口1とすればしかもそこは空気の入るところで何時も穴が開いていますので取り出して注射器で 入れさえすればそれですべてokです。 ゴム栓をとつて入れて、また入れなをすのも大変な仕事ですが、注入口2はゴム栓の代わりにプラスチックの蓋をつけて ビニルテ-プでカバーをしましたので、ビニールテ-プをはがしてその穴から注入すれば簡単に処理できます。 また当社特製のカートリッジはすべて透明ですのでご使用になればお分かりかと思いますが、ほとんど減ってないので頻繁に インクを入れれば2~3回に一度でインクは入れる必要はないと思います。 これは前項のCISS(インク連続供給装置)でさんざん苦労したので、またインク注入口1は5mmまたは4mmのシリコン チューブですのでそこに挿入すれば簡単にCISS(インク連続供給装置)用のインクカートリッジにも使用できますのできわめて重宝です。まず徳用詰替えカートリッジ特製 2wayインクカートリッジ 詰替えカートリッジ CISS(インク連続供給装置) どちらもOKです。新開発 新発売 説明は8図参照してください。 インクの注入口はスポンジ側についてます。注入口はシリコンゴムで、そこにチューブを差し込めばCISS(インク連続供給装置)になりますし、外せば空気穴になりますのでそのまま詰替えインクができます。いつも解放してますので便利なインクの注入口になります。

キヤノン350+351純正インクカートリッジ6色リサイクル詰替用特製+詰替えインク20-25ml6色+針付き注射器6本新開発中央注入口顔料インク 黒100mlインク付き

ink77

4,980

キヤノン350+351純正インクカートリッジ6色リサイクル詰替用特製+詰替えインク20-25ml6色+針付き注射器6本新開発中央注入口顔料インク 黒100mlインク付き

注入口を中央に付けました。今まで後部に付けましたが、新製品は今までの注入口ですとカバーが邪魔してゴム栓ですとどうしても故障の原因になりますので、インクの注入口をスポンジ側から、インクが注入できるように穴をあけて、粘着テープで塞ぎその上から針付きの注射器を後ろに差し込み一杯インクを入れ、その上にビニールテープで塞ぎ、あとはスポンジのインクの出口からインクを垂らし込めば、10mlは間違いなく注入できます。インクタンクの重量は25gになればOKです。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

【キヤノン】350/351徳用詰換えカートリッジ特製6色set新製品1【詰替え】

ink77

3,980

【キヤノン】350/351徳用詰換えカートリッジ特製6色set新製品1【詰替え】

一般的にインクは注入口2にゴム栓などで開口してありますが、まずインクは俗にいうスポンジのほうから入れます。 3年間何度も研究室で記載しましたがキヤノンの詰替えはスポンジから垂れ流すのがよいとしましたが、反対に上に穴 をあけて其処を注入口1とすればしかもそこは空気の入るところで何時も穴が開いていますので取り出して注射器で 入れさえすればそれですべてokです。 ゴム栓をとつて入れて、また入れなをすのも大変な仕事ですが、注入口2はゴム栓の代わりにプラスチックの蓋をつけて ビニルテ-プでカバーをしましたので、ビニールテ-プをはがしてその穴から注入すれば簡単に処理できます。 また当社特製のカートリッジはすべて透明ですのでご使用になればお分かりかと思いますが、ほとんど減ってないので頻繁に インクを入れれば2~3回に一度でインクは入れる必要はないと思います。 これは前項のCISS(インク連続供給装置)でさんざん苦労したので、またインク注入口1は5mmまたは4mmのシリコン チューブですのでそこに挿入すれば簡単にCISS(インク連続供給装置)用のインクカートリッジにも使用できますのできわめて重宝です。まず徳用詰替えカートリッジ特製 2wayインクカートリッジ 詰替えカートリッジ CISS(インク連続供給装置) どちらもOKです。新開発 新発売 説明は8図参照してください。 インクの注入口はスポンジ側についてます。注入口はシリコンゴムで、そこにチューブを差し込めばCISS(インク連続供給装置)になりますし、外せば空気穴になりますのでそのまま詰替えインクができます。いつも解放してますので便利なインクの注入口になります。

キヤノン350+351純正インクカートリッジ5色リサイクル詰替用特製+詰替えインク100ml5色+針付き注射器5本新開発中央注入口

ink77

5,980

キヤノン350+351純正インクカートリッジ5色リサイクル詰替用特製+詰替えインク100ml5色+針付き注射器5本新開発中央注入口

注入口を中央に付けました。今まで後部に付けましたが、新製品は今までの注入口ですとカバーが邪魔してゴム栓ですとどうしても故障の原因になりますので、インクの注入口をスポンジ側から、インクが注入できるように穴をあけて、粘着テープで塞ぎその上から針付きの注射器を後ろに差し込み一杯インクを入れ、その上にビニールテープで塞ぎ、あとはスポンジのインクの出口からインクを垂らし込めば、10mlは間違いなく注入できます。インクタンクの重量は25gになればOKです。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

キヤノン350+351非純正インクカートリッジ5色set詰替用当社輸入品特製+詰替えインク100ml5色+針付き注射器5本

ink77

7,980

キヤノン350+351非純正インクカートリッジ5色set詰替用当社輸入品特製+詰替えインク100ml5色+針付き注射器5本

キヤノンの新製品NT10+11/8030+8031/7030+7031は防御政策としてゴム栓がうまく入らないようにできてますので、いろいろ研究の上Adhesive Tack(粘着タック)を使用しました。この製品はプチルゴムでできてますので、耐水性は勿論どんな形状でもなりますので蓋には最適で、穴をあけてはめ込めばどこでもOKです。 詰め替えインクは100mlあれば10回分です、大容量で10mlですのでインクタンクを10回分7万円です。お使いになればどれほどお得かわかります。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

キヤノン371+370非純正インクカートリッジ6色set詰替用当社輸入品特製+詰替えインク100ml6色+針付き注射器6月分本

ink77

8,980

キヤノン371+370非純正インクカートリッジ6色set詰替用当社輸入品特製+詰替えインク100ml6色+針付き注射器6月分本

キヤノンの新製品NT10+11/8030+8031/7030+7031は防御政策としてゴム栓がうまく入らないようにできてますので、いろいろ研究の上Adhesive Tack(粘着タック)を使用しました。この製品はプチルゴムでできてますので、耐水性は勿論どんな形状でもなりますので蓋には最適で、穴をあけてはめ込めばどこでもOKです。 詰め替えインクは100mlあれば10回分です、大容量で10mlですのでインクタンクを10回分7万円です。お使いになればどれほどお得かわかります。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

キヤノン371+370非純正インクカートリッジ5色set詰替用特製+詰替えインク10ml5色+針付き注射器5本

ink77

7,980

キヤノン371+370非純正インクカートリッジ5色set詰替用特製+詰替えインク10ml5色+針付き注射器5本

キヤノンの新製品NT10+11/8030+8031/7030+7031は防御政策としてゴム栓がうまく入らないようにできてますので、いろいろ研究の上Adhesive Tack(粘着タック)を使用しました。この製品はプチルゴムでできてますので、耐水性は勿論どんな形状でもなりますので蓋には最適で、穴をあけてはめ込めばどこでもOKです。 詰め替えインクは100mlあれば10回分です、大容量で10mlですのでインクタンクを10回分7万円です。お使いになればどれほどお得かわかります。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

キヤノン371+370純正インクカートリッジ5色set詰替用特製+詰替えインク10ml5色+針付き注射器5本

ink77

8,900

キヤノン371+370純正インクカートリッジ5色set詰替用特製+詰替えインク10ml5色+針付き注射器5本

キヤノンの新製品NT10+11/8030+8031/7030+7031は防御政策としてゴム栓がうまく入らないようにできてますので、いろいろ研究の上Adhesive Tack(粘着タック)を使用しました。この製品はプチルゴムでできてますので、耐水性は勿論どんな形状でもなりますので蓋には最適で、穴をあけてはめ込めばどこでもOKです。 詰め替えインクは100mlあれば10回分です、大容量で10mlですのでインクタンクを10回分7万円です。お使いになればどれほどお得かわかります。キヤノンの純正はスポンジ部門から垂れ流しても5cc~7ccはインクが入ると宣伝しましたが、4ミリの穴をあけてゴム栓でふさげばそこから10ccのインクを入れ、ゴム栓をして反対にしてスポンジ部門から垂れ流せばほぼ満杯になり、クリーニングをしないでもすぐ印刷ができてきわめて重宝です。今までの倍は使用できます。 チップはそのまま使用できるし、純正カートリッジをそのまま詰替えカートリッジと使用するのが一番有利であるのでご紹介します。 正確に4ミリの穴をあけるのとインクの吹き出るのを止めるのが、難しく、まだ100%未解決ですが、ほぼ解決ができましたので今年から、キヤノン、エプソン、互換カートリッジすべてにゴム栓をしたまま販売をしますのでご使用してみてください。 純正でなければならないわけ、純正互換インクカートリッジでなければならないわけ、詰め替えインクでなければならないわけをご自分で納得して使用してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク